· 

カフェイン

カフェインは興奮薬や精神刺激薬のひとつです。

覚醒させたり、

解熱鎮痛

強心、利尿作用などがあります。


医薬品にも添加され、

総合感冒薬や鎮痛薬にも使われます。


カフェインを摂らなくなったときの離脱症状は

✳️頭痛

✳️集中力の欠如

✳️疲労感

✳️気分の落ち込み

✳️吐き気

✳️筋肉痛

✳️短気になる

✳️眠気がいつも以上に出る

✳️胃や上半身の痛み

✳️関節痛

等があり、

2日後が一番強く出ます。


カフェインを摂らなくなってから

12~24時間で発症します。


2~9日で収まってきます。


カフェインによるエストロゲンの分泌が促進されるので、

乳腺症などの症状がある方は控えると

症状が改善する場合があります。 





『喫煙とカフェインの関係』

カフェインには利尿作用があるので体内水分量が不足しがちになります。


そのため尿酸が浮き出てきやすくなるので、

喫煙者でコーヒーが好き!

という方は痛風になりやすいです。


喫煙をして無い方でコーヒーやカフェイン

をよくとる方は、膀胱癌のリスクが高くなるとの事。


もし、

コーヒーをよく飲む方は

ちょっと気にしてみると良いと思います。




これは早く身体からカフェイン出したい!

と思ったら

利尿作用のある精油の力を借りて

アロマトリートメントで早く出すことを

おすすめします。